Yahoo! JAPAN、Canonicalとプライベートクラウド

Key Value
image https://assets.ubuntu.com/v1/a0e557b6-Yahoo-Japan.png
image_width 250
image_height
meta_image https://assets.ubuntu.com/v1/db188a00-Embedded+social+media+banner+yahoo.jpg
meta_copydoc
banner_class dark
form_id 3430
resource_url https://assets.ubuntu.com/v1/54827af9-Canonical_Yahoo_JP.pdf
webinar_code
primary_cta ダウンロード
primary_link #the-form
form_cta ダウンロード

ヤフー株式会社は、Yahoo!とソフトバンクの合弁事業として設立された、国内で最も人気の高いインターネット広告、検索エンジン、ECサイトのひとつで、6,000人を超える従業員を擁しています。

非常に大規模で多数のユーザーを抱えていることから、ヤフーは自社のIaaS(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラストラクチャ)ソリューションとOSS分散ストレージソリューションを構築するために外部の協力を必要としました。2013年、ヤフーはCanonicalに協力を求め、それ以降両社は協力関係を育んできました。

予期しない障害発生時はOSレイヤーまで調査しなければなりませんが、その際にプロフェッショナルへ問い合わせできるのは大きい。ここまで手厚く対応してもらえるのはCanonicalだけだと思います。

ヤフー株式会社 システム統括本部 サイトオペレーション本部 クラウド開発リーダーの阪田氏

ヤフーでは、Ubuntuに加えCanonicalが提供する幅広い運用ツールを使用して、大規模なIaaS環境の構築と運用に成功しています。また同時にCAPEXとOPEXの両方のコストを削減しています。

このユーザー事例では、以下について紹介しています。

  • MAASJujuを使用して2万VM用のOpenStackと1PBのCephストレージを3リージョンに展開。
  • Ubuntu Advantageを通じて安心感とCanonicalのエンジニアの専門知識を享受し、想定外の問題を最小限に抑止。
  • 2028年4月までセキュリティパッチを提供するESM(Extended Security Maintenance)の活用により、将来性を確保。
1 Like