VMwareからCharmed OpenStackへの移行

オープンソースの採用によるインフラストラクチャのコスト削減と効率性向上

VMwareの場合、ライセンス、サポート、専門的サービスのコストが高いため、多くの企業は第一の目標、つまりTCOの大幅削減を達成できません。それに代わるソリューションとして、最近ではOpenStackのようなオープンソースのプラットフォームを検討する組織が増えています。

このホワイトペーパーでは次の内容について解説します。

  • VMwareの専用仮想化製品と、オープンソース手法を採用したCanonicalのCharmed OpenStackとを比較します。
  • オープンソースを採用した場合の経済および効率性の利点を提示します。
  • 詳細なコスト分析により、組織がVMwareからCharmed OpenStackへの移行によって削減できるコストを明らかにします。

また、「VMwareからCharmed OpenStackへの移行」ウェビナーでは、Cloudbase Solutionsが提供する「サービスとしてのクラウド移行」ツールであるCoriolis®を使用し、VMwareからCharmed OpenStackへのITワークロード移行のデモンストレーションを行います。

Coriolisは、WindowsやLinuxの仮想マシンを、関連するストレージおよびネットワーキング構成とともに、複数のクラウドプラットフォーム間で移行する、最も簡単な方法です。Coriolisには、スケーラブルなアーキテクチャ、エージェントなしの設計、統合スケジューラー、REST APIによる自動運用など、数多くの利点があります。

1 Like