サイバーダイン、Snapを使って現場の清掃ロボットを更新

Key Value
image https://assets.ubuntu.com/v1/461ad855-cyberdyne-snapcraft-logos.png
image_width 250
image_height 410
meta_image
meta_copydoc
banner_class dark
form_id 3589
resource_url https://pages.ubuntu.com/rs/066-EOV-335/images/Cyberdine_JP_15.05.20%202.pdf
webinar_code
primary_cta ケーススタディをダウンロード
primary_link #the-form
form_cta ダウンロード

日本の労働力が高齢化するにつれ、一部の仕事は高度なロボットが肩代わりし、人手不足を補っています。日本のロボット会社、サイバーダインは、そのようなロボットを開発し、ショッピングセンターや東京の2空港に導入しました。人工知能を搭載したサイバーダインのロボットは、人間の従業員と一緒に安全かつ効率的に商業施設を清掃しています。

サイバーダインは、そのような目的のロボット導入に高度な技術を持つ一方、いったん現場に出したデバイスの更新という問題に直面しました。ロボットの寿命が最大で5年あることを考えれば、これは重要な問題です。エンジニアを現場に送ったり、ロボットを回収したりするのは、顧客数が増えた場合、持続可能でも経済的でもありません。

サイバーダインはUbuntuベースのRTOS(Robotic Operating System)、Snap、ブランドストアを活用してこの問題を克服し、手作業での更新を不要にしました。これは、サイバーダインにとっても顧客にとっても有益です。

ケーススタディでは、以下を含む詳細をご紹介します。

  • Snapとブランドストアによる運用コスト(OPEX)とエンジニアリング経費の削減
  • Snapの差分更新による必要帯域幅の95%削減
  • 市場投入までの時間の短縮と新機能リリース