Rosesmによるrosサポート

セキュリティの保守は、セキュリティコンプライアンスの基本的な要件です。製造ラインまたは小売環境でロボットのソフトウェアが保守されていない場合、遅かれ早かれ、攻撃者はロボットに足場を築き、他の企業資産へのアクセスに使用する可能性があります。何年にもわたって、深刻な金銭的およびデータプライバシーの影響を伴ういくつかのセキュリティ違反が報告されています。

ROSロボットの場合セキュリティメンテナンスには、OS自体及びRobotics Operating System(ROS)、メタパッケージ、PythonやOpenCVなどの依存関係の管理とセキュリティパッチの適用が含まれます すべてのソフトウェアは、常にパッチを適用し保守をしていく必要があります。しかしセキュリティパッチの適用には、時間と労力を要し、その結果、企業のロボット開発を損なうことになります。また、セキュリティメンテナンスにはコストがかかる可能性があり、管理するデバイス(ロボット)の数が増えるにつれて課題が拡大します。

したがって、仮想世界だけでなく現実とも相互作用するデバイスに適切なセキュリティ保守を提供することが不可欠になります。十分なサイバーセキュリティーを担保しつつ、この作業を容易にし、画期的な作業に集中できるようにする信頼性の高いツールをイノベーターに提供することも重要です。このようなツールは企業だけでなくエンドユーザーにも価値を提供します。

このホワイトペーパーでは、セキュリティランドスケープ、セキュリティメンテナンスの重要性、およびその課題について紹介します。また、OpenRoboticsと提携して提供されるROSセキュリティメンテナンスのためのCanonicalのサービスであるROSESMの利点も紹介します。

このホワイトペーパーでは、次のことを学習します。

  • ロボットのセキュリティリスク。
  • セキュリティ保守の重要性。
  • ROS ESMのメリット、テスト、および提供。

詳細は英語になります