Rosキネティックエンドオブライフ

Key Value
image https://assets.ubuntu.com/v1/1f672bfc-ros-kinetic-kame-logo-530x454.png
image_width 320
image_height 200
meta_image https://assets.ubuntu.com/v1/3c5ec247-ros+kinetic+kame.png
meta_copydoc
banner_class dark
webinar_code 482788

最も人気のあるROSリリースの1つであるROSKineticは、2016年から利用可能になっており、多くのロボット工学者がロボットや自律システムの構築と展開に採用しています。ただし、2021年4月末までに、ROSKineticとそのプライマリプラットフォームであるUbuntuXenialの両方がEndofLifeに到達します。これによってどのような影響があるのでしょうか?

End of Lifeとは、両方のディストリビューションのセキュリティ更新プログラムとCommon Vulnerabilities Exposures(CVE)の修正が終了したことを意味します。セキュリティの更新は、ロボットを基本的なセキュリティ制御の一般的なコンセンサスフレームワークに準拠させ、さらに重要なことに、ロボットを侵害から保護するための厳格な要件です。

このウェビナーでは、セキュリティの観点からロボット開発者への影響を説明し、OpenRoboticsとCanonicalによる10年間のセキュリティを備えた強化ROSであるROSESMを紹介します。

ROSESMに関してCanonicalのロボティクスチームの責任者であるSidFaberと一緒に詳しくみていきましょう

このウェビナーでは、次のことを学びます。

  • ROSキネティックEOLの影響について
  • ロボットのセキュリティコンプライアンスが重要な理由
  • ESM forROSの構成要素