Red Hat OpenStack PlatformとCanonicalのCharmed OpenStackとの比較

Key Value
image https://assets.ubuntu.com/v1/2d935f28-openstack-cloud.svg
image_width 250
image_height 410
meta_image https://assets.ubuntu.com/v1/3d6f5aa6-twitter_wide_banner+(3).jpeg
meta_copydoc
banner_class dark
form_id 3737
resource_url https://pages.ubuntu.com/rs/066-EOV-335/images/JP_Comparing.OpenStack_05.11.20.pdf
webinar_code
primary_cta ホワイトペーパーをダウンロード
primary_link #the-form
form_cta ダウンロード

プライベートクラウドインフラストラクチャを使用する今日のすべての組織において、財務の改善、セキュリティの強化、柔軟性の増大のために、OpenStackは不可欠なコンポーネントです。Red HatとCanonicalはどちらも独自の実運用グレードのOpenStackディストリビューションを提供していますが、両社のOpenStack展開、運用、サポートに対する手法は完全に異なるものです。

このホワイトペーパーでは、Red Hat OpenStack Platformと、CanonicalのCharmed OpenStackについて、次のような詳細な比較を行います。

  • Red Hatのソケット単位の価格モデルと、Canonicalのホスト単位の価格モデルとを比較した、包括的なコスト分析
  • OpenStackの展開、アップグレード、日常的な保守で利用可能なサポートと、管理されたサービスの詳細な比較
  • それぞれのディストリビューションをハイブリッドまたはマルチクラウド環境で使用した場合の統合能力の概要