組み込みLinux:開発それとも購入?

商用サポートか自社開発かの悩みを解決

Linuxは、新世代のコンピュータハードウェアを活用する最良のオペレーティングシステムと言われています。寛容でロイヤリティフリーのライセンスモデルのため、Linuxには強力なコミュニティサポートがあり、各種CPUアーキテクチャに対応する最新かつ最良のソフトウェアやビルドツールが揃っています。しかし、豊富な機能が無料で利用できる代償として、複雑性と課題も存在します。

これに対して、コミュニティで保守されているbuildrootやYoctoなどのビルドシステムでは、Linuxの組み込みが抽象化および自動化されており、どのような開発者でもディストリビューションを作成できます。その一方で、組み込みLinuxを大規模に実運用している企業には、コミュニティのコントリビュートでは対処できないニーズがしばしば生じます。このギャップは、組み込みLinuxベンダーの提供する専門的技術と企業サポートにより埋めることができます。

このホワイトペーパーでは、組み込みLinuxの自社開発と購入について、次のような詳細な比較を行います。

  • 初期投資と長期的な経費のコスト分析
  • 高レベルのビジネス目標に関する戦略的な考慮事項の概要
  • 実際の顧客プロファイルに基づいて推奨される組み込みLinux戦略
  • Ubuntu Coreを使用してデバイスを市場に送り出す利点