Gmoペパボがカーネルのライブパッチによって運用コストと

Key Value
image https://assets.ubuntu.com/v1/c92b1d48-GMO-Pepabo-ubuntu_white.svg
image_width 250
image_height 410
meta_image https://assets.ubuntu.com/v1/116a4ce7-95184468-b1ee4180-07c7-11eb-96d2-b58347bc92d6.jpg
meta_copydoc
banner_class dark
form_id 3589
resource_url https://pages.ubuntu.com/rs/066-EOV-335/images/JP_GMO%2BPepabo%2BCase%2Bstudy.pdf
webinar_code
primary_cta ケーススタディをダウンロード
primary_link #the-form
form_cta ダウンロード

ウェブホスティング会社のGMOペパボは、ホスティング事業、EC支援事業、ハンドメイド事業などでインターネットサービスを消費者向けに提供しています。多くの会社がGMOペパボのサービスを利用しているためGMOペパボにとって業務を担うワークロードの停止は許容できません。

GMOペパボは約80台の物理サーバーでUbuntu 16.04 LTSを実行し、Canonicalから無料セキュリティ更新の定期的な配布を受けています。これらのパッチがシステムの潜在的な脆弱性を修正していますが、重要なカーネル更新を適用するには一般にサーバーの再起動が必要です。カーネルのセキュリティ修正のためにマシンを再起動するには、ワークロードを移行する必要があり、多くの人手が必要です。GMOペパボは、時間とコストを節約するプロセスが必要だと認識していました。

Livepatchは当社のニーズにぴったりです。このようなソリューションは他にありませんし、費用対効果も優れています。
— GMOペパボ、技術部シニアエンジニアリングリード、常松伸哉氏

結果として、GMOペパボはサーバーの再起動なしに最新のカーネル更新やセキュリティ修正を自動的に適用するため、CanonicalのUbuntu Advantage for Infrastructureの一部であるLivepatchを採用しました。パッチ処理はマイクロ秒単位で完了し、継続中のワークロードは中断しません。

ケーススタディをダウンロードして、詳細をご覧ください。

  • Livepatchの採用により、サーバーへのパッチ適用の際、手作業によるワークロードの移行が不要に
  • ESMがUbuntu 16.04 LTSのサポート終了後もセキュリティを確保
  • GMOペパボは、小規模のデータセンターとサーバーでKubernetesを活用できるMicroK8sも検討