Cyberdyneは 現場のロボット掃除機をスナップで最新の状態に保ちます

日本の労働力が高齢化するにつれ、ギャップを埋めるために高度なロボットによって特定の役割が果たされています。日本のロボット企業であるサイバーダインは、そのようなロボットを構築し、ショッピングセンターと東京の2つの主要空港に展開しています。人工知能を活用して、Cyber​​dyneのロボットは人間の従業員と一緒にし、商業施設を安全かつ効率的に清掃しています。

このような目的でロボットの展開を進めていくうえで、Cyber​​dyneは、出荷済みのお掃除ロボットのソフトウェアアップデートを更新するという課題に直面しました。特にお掃除ロボットを5年間保守することが問題となりました。エンジニアを個々のサイトに派遣したり、ロボットをリコールしたりすることは、サポートする地域が拡大すると、持続可能な選択肢ではなく、経済的でもありません。

Cyber​​dyneは、Ubuntu、スナップ、ブランドストアに基づくROS(Robotic Operating System)を採用して、この課題を克服し、手動による介入の必要性を排除して、彼らとその顧客の両方に利点をもたらしています。

以下を含む詳細については、ケーススタディをお読みください。

  • スナップとブランドストアの使用により、OPEXコストとエンジニアリングオーバーヘッドがどのように削減されたか
  • Cyber​​dyneがスナップデルタを利用して帯域幅要件を95%削減した方法
  • 市場の改善までの時間とニュース機能をリリースする能力